印刷と出版の鉱脈社

鉱脈社ロゴ

白い紙に初めて記す感動を大切に《いのち》を受け継ぎ、育み、受け渡そう。

宮崎を表現する地方出版社です




TOP
鉱脈社

鉱脈社BOOK

私たちの町でも戦争があった

―アジア太平洋戦争と日向市―

商品コード:010509

関連カテゴリー

歴史・地誌・史話

戦争の記録

みやざき文庫

〈見なれた風景の中にあの戦争の傷跡が〉


同じあやまちをくり返さないために

一つひとつの戦跡に耳を傾け語りかける

長年にわたる丹念な調査がこの国の過去を掘りおこし、今を問いかけ未来を指し示す。

―宮崎の戦跡シリーズ第2弾―


在庫数が大変少なくなっております。

お問い合わせは下記までお願い致します。

お問い合わせフォームまたは

TEL:0985-25-1758/FAX:0985-25-1803

オンライン書店のご案内
※下記サイトにてもご購入いただけます。
amazonサイトへ
著者福田鉄文
シリーズみやざき文庫 135
書籍JANコード

9784860617363

1920021020001

日本図書コード0021
発行日2019-09-10
よみわたしたちのまちでもせんそうがあった あじあていへいようせんそうとひゅうが
初版
判型四六
横幅*12.9cm
縦幅*18.6cm
背幅*1.4cm
重量*409g
(*)はおおよその値となります。
頁数278頁
製本様式並製
本体価格2,000円

目次

  1. 小さな町での戦争のこと―「はじめに」に代えて― 
  2. 第1章 いつの間にか戦争への道を歩いていた
  3. 第2章 戦争が始まった
  4. 第3章 戦争が終わった後に
  5. おわりに―武器に頼る平和なんてあり得ない―